私の借り入れ戦績:8戦7勝1敗

 

私は親の入院と税金の支払いの時期が一気に重なり、支払いが足りなくなってしまった時がありました。

 

でも、親からは「自由業をやるんだったら、税金はしっかりしないとダメ」と口酸っぱく言われていたので、どうしても支払い期限までに済ませたくて、初めて消費者金融からお金を借りることを考えました。

 

自由業のため、属性(収入や勤務先などの個人情報)が良いとは言えなかったので、本当は金利が安い銀行を選びたかったのですが、「絶対に審査に通りたい!」という気持ちが強かったので、ハードルの高い銀行は避けました。

 

そこで私が狙いを定めたのがアコムでした!

 

>>アコムの詳細はこちら

 

アコムに決めたのは、アコムには女性専用のキャッシングコースがあったのが決め手でした!

 

実は最後の最後まで、同じく女性専用のキャッシングコースがある『アイフル』と悩みました。

 

>>アイフルの詳細はこちら

 

ただ、私の身近に「アコムで借りれたよ!」っていう人がいたので、最後の決め手は口コミでした。

 

女性専用のキャッシングだから、安心感があり、最初は消費者金融に怖いイメージがありましたが、実際に使ってみても、何も怖いことなんてありませんでした。

 

その後、ちゃんと完済したのですが、色々な事情から解約と新規の申し込みを何度か繰り返し結果的には、8戦7勝1敗になりました!

 

このサイトでは、その8戦7勝1敗の経験を紹介します!

 

 

アコム⇒可決
アイフル⇒可決
プロミス⇒可決
三井住友VISAカード⇒可決
みずほ銀行⇒可決
楽天銀行⇒可決
レイク⇒可決
イオン銀行⇒否決

 

同時多重は最大4社

基本的には、1回で審査が可決されることが多かったので、基本的には多重にならないように気を付けていました。

 

ただ、自由業ということで、審査は可決されても、『利用枠』がかなり少なかったことも。

 

 

 

そのため、正直、「もうちょっと借り入れしたい」という気持ちが出て来て、可決された後、数か月経った頃に、もう一件、新規の申し込みをしました。

 

さすがに連続で、1カ月に3、4社申し込みをしたことはありません!

 

半年に1回くらいの感覚で、3、4社を受けて、最終的に最高4社まで同時期に借り入れをしていたことがありました。

 

内訳は消費者金融1件、銀行3件です。

 

ネットや口コミを聞いていると、多重の場合は、短期間で複数の申し込みをすると、審査に落ちてしまうということを聞いていたので、出来るだけ半年は空けるようにしました。

 

自分の経験上、半年くらいの間隔だったら、自由業の属性が悪い私でも、なんとか4社くらいまでは受かることができました。

 

これだけ聞くと、なんだか、自由業な割には、結構借りられているって思う人もいるでしょうね。

 

でも、私がこれだけ消費者金融からお金を借りることを出来たのは、『ある武器』があったからだと思うのです。

 

多重4社で可決された経験から、やはりその『武器』がキャッシング審査では最も強いのではないかと思いました。

 

 

>>おすすめの消費者金融ランキング

 

信用情報はキズなしだった私

私が持っていた唯一の武器は、『信用情報』です。

 

大学時代に作った三井住友銀行VISAカードや携帯電話の支払いは、10代の頃から一度も遅れたことがなく、全て一回払いでリボの利用もありませんでした。

 

キャッシング前に事前にCICの情報開示をした時には、綺麗な$マークが全部ついている状態でした。

 

属性はそれほど良くないけど、信用情報が正常だったら、やはりキャッシングでは強いのだと感じました。

 

信用情報は、返済能力を示すバロメーターなので、もしも私と同じように自由業でも審査に落ちてしまう人は、信用情報が影響している可能性があります。

 

よく口コミでも、「滞納していると審査に落ちる」と見かけますが、それだけキャッシングの審査では、信用情報が重視されているのだと感じます。

 

また、私は自由業でも職歴は6年以上、賃貸だけど住居歴は8年以上と、一つのことに対する年数が比較的長いのも特徴かもしれません。

 

自由業でも、職歴が1年未満とか、賃貸物件を転々としていて、居住歴が短い場合だと、多少状況が違ってくるのかもしれません。

 

どこまで職歴や居住歴が重視されるのかわかりませんが、やはり長ければそれなりに評価してもらえているのではないかと感じました。

 

>>おすすめの消費者金融ランキング

 

これから戦いに挑む人へ

これから消費者金融の審査に挑もうとしている人には、まず自分の『信用情報』をチェックをしてみて欲しいと思います。

 

CICで開示手数料を支払えば、1000円くらいで簡単に自分の信用情報が見られます。

 

やはりいくら属性が良い人だとしても、消費者金融の審査の口コミなんかを見ていると、やはり落ちるケースもあるわけです。

 

そういう人の場合、信用情報を見てみると、実は滞納があったりすることも多いと聞きます。

 

そして、意外に忘れがちなのが、携帯料金の滞納です。

 

スマホや携帯の本体を割賦払いで購入した人は、滞納すると、信用情報に記載されてしまいますので、注意が必要です。

 

また長期の滞納でなくても、短期の遅延が何度も重なると、Aマーク(お客様事情で入金がなかった(未入金))を付けられるようになる可能性もありますので、ちゃんと人からお金を借りる前に、支払いはちゃんとしておきましょう。

 

信用情報だけは、一度悪い情報がつくと、簡単には消せなくなってしまいますので、キャッシング審査を受ける人にとっては、致命傷になる可能性があります。

 

そうならないためには、やはり日頃の支払いをしっかりしておくことが何よりも大事だと思います。

 

>>おすすめの消費者金融ランキング

 

消費者金融の審査にかかる時間はどれくらい?

それでは、実際にカード会社が審査を実施するに当たり、どれくらいの時間を要するのでしょうか?

 

審査に要する時間ですが、まずカード発行までに要する時間を前にもご紹介しましたが、
消費者金融系カードローンの場合、対面(自動契約機含む)方式ですと、約30分から1時間で済んでしまいます。

 

インターネットや郵送での申し込みの場合、申し込み件数が膨大という事もあり、最短でもカード会社到着後3〜4営業日は掛かってしまうものと思われます。

 

銀行系や信販系の場合は特に時間を要する事が多い傾向にありますので、
今すぐにカードがほしいという方は、消費者金融系カード会社のカードローン、もしくは信販系(特に百貨店系)のクレジットカード(キャッシング枠付き)であれば、対面方式を条件に、即日審査・発行が可能です。

 

実際の審査に要する時間ですが、あまりにも短くて驚きですが、カード会社の求めるすべての情報がそろっていれば、5分あれば審査は済んでしまうそうです。

 

この速さが、カードの即日発行が可能な理由のひとつでもありますね。

 

これに勤務先への在籍確認やデータ収集時間等を考慮すると、最短で約15〜20分程度となる訳です。

 

もちろん審査内容はカード会社により変わりますので、一概にこの時間ですべての審査が済むという事にはなりませんので、ご注意ください。

 

例えば既に信用情報機関に事故情報が載っていたり、
借金の返済が苦しくて、新たなカードに手を出さなければならない様な方が、即日新たなカードを作れる訳ではありませんので、
お間違いの無いよう。

 

>>おすすめの消費者金融ランキング

 


消費者金融の住宅ローンはなぜ低金利?

いつかは夢のマイホームという事でもないでしょうが、
住宅取得を夢見ている人にとって住宅ローンは気になるものです。

 

住宅ローンはかなりの長期ローンなのでリスクが大きく、一概にお勧めできるものではありませんが、自分の将来がある程度安定していると考えているのであればお勧めです。

 

この住宅ローンの金利は非常に低く、変動金利や短期間の固定金利であれば1%を下回っていることもあります。

 

これは、住宅という担保を徴しているため無担保より万が一の際における回収可能性が高いという事もありますが、住宅ローンは統計的に貸倒の確率が低いのです。

 

消費者金融などのローンが溜まってくると債務整理を検討する人も多いのですが、住宅ローンがあると債務整理がやりにくいです。

 

しかし最近では、住宅ローンだけ残して他の債務を整理する形式の個人再生ができるようになりました。

 

一時期は、住宅ローン返済のためにご主人が自殺するような痛ましい事件がままありましたが、この制度のおかげでかなり救われたとも言われています。

 

また、債務整理までしないとしても、住宅ローンは絶対に返済しなければいけないという意識がある人が多いことも住宅ローンの金利を引き下げている要因です。

 

借りる人の意識が消費者金融のカードローンとは全然違うのです。

 

それと、忘れてはいけないのが銀行間の競争です。住宅ローンはある程度まとまった借入をしてもらうことができますし、家庭の銀行取引を一括してゲットできる利点もあります。

 

そのようなメリットがある住宅ローンですから、銀行間で金利引き下げ競争が起きるのです。

 

この様な理由で住宅ローンの金利は低くなり、銀行間の競争でさらに低下していくのです。

 

>>おすすめの消費者金融ランキング

 


消費者金融は即日融資が基本です

消費者金融のほとんどは即日融資を可能としています。

 

大手であれば自分の銀行口座に振込をしてくれるでしょう。
非常に便利なことは間違いありません。

 

審査を心配される方も多いようですが、
特に
目茶目茶なクレカの使い方をしていたり、
重度の多重債務者だったり、
ブラックリストでなければ
審査で落とされるという事はほとんどありません。

 

自分の希望する融資額を得られるかどうかは別問題ですが、即日融資という点ではほとんどの方が実現すると言っていいでしょう。

 

即日融資を依頼する人の中には、あえて即日融資が必要ない人もいます。

 

そのような人は無利息キャンペーンに引かれて借りない方が賢明です。
いい気になって使ってしまう可能性もありますし、返済するとしてもコンビニATMを利用すると手数料が必要です。

 

また、無利息キャンペーンを最大限に利用しようとして、確信犯のように即日融資の申込をする人もいらっしゃいます。

 

このような方は前日の夜に申込をすることが多いです。

 

消費者金融が手続を始めるのは朝の9時が一般的なので、
前日に申込をしていれば確実に即日融資を自分の銀行口座に対してしてくれるでしょう。

 

一番問題なのが、お昼ごろに慌てるようにして申込をしてくる人です。

 

会社帰りにローンカードを受け取るのであればいいのですが、
振込の形で即日融資をしてもらいたいという事になると時間との戦いになってしまいます。

 

消費者金融は即日融資をしますが、ちょっとは時間的な余裕を考えていただいた方がいいと思います。

 

特に、クレカの決済日ギリギリに即日融資を申し込む場合であれば、翌日回しになってしまったら文字通り命とりです。

 

1回の延滞程度でブラックリストにはなりませんが、信用が落ちることは間違いありません。

 


おすすめの消費者金融ランキング

アコム


アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループなので、信頼できます!

 

50万円以内の借入なら収入証明がいりません。

 

web完結なので、来店不要ですし、
即日融資してくれるので、急ぎでお金が必要な時にも助かります。

 

簡単診断なら3秒でできます!

 

金利 限度額 審査時間 無利息期間
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 30日

 

http://www.acom.co.jp/

 

 

 

アイフル


アイフルは東証一部上場会社なので、安心です。

 

誰にもバレずにカードを受け取ることができます。

 

簡単診断ならたったの1秒でできます!

 

金利 限度額 審査時間 無利息期間
4,5%〜18.0% 500万円 最短30分 30日

 

http://www.aiful.co.jp/

 

 

 

目的別キャッシング一覧

 

おまとめローン ビジネスローン 銀行系

>>おまとめローンの詳細はこちら

>>ビジネスローン事業者ローンの詳細はこちら

>>銀行カードローンの詳細はこちら

収入証明不要 女性向け 審査が早い

>>所得証明不要の詳細はこちら

>>女性向けキャッシングの詳細はこちら

>>審査が早いカードローンの詳細はこちら

即日融資 無利息 来店不要

>>即日融資キャッシングの詳細はこちら

>>無利息キャッシングの詳細はこちら

>>来店不要カードローンの詳細はこちら

 

おすすめのクレジットカード

 

最近クレジットカードにはキャッシング枠があるので、
いざという時のために1枚くらいは持っておいた方が良いかもです。

 

今一番おすすめのクレジットカードはアコムACマスターカードです。

 

一定の収入があればパートやアルバイトの方でも大丈夫ですし、
海外でも利用できますからね。

 

>>アコムACマスターカードはこちら

更新履歴